閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2006年11月28日 北京 土屋春明

ミャンマー・Da Gong山ニッケルプロジェクト、中国有色金属鉱業集団公司が推進

 安泰科によれば、2006年中国国際鉱業大会は11月14-16日まで北京で開催された。大会期間中に中国有色金属鉱業集団公司の羅涛総経理とミャンマーのWen Min鉱業大臣は会談を行った。
 会談終了後、羅涛総経理は次のように述べた。Da Gong山ニッケルプロジェクトは、中国とミャンマーの協力関係において重要で、両国政府から認可されたプロジェクトである。中国有色金属鉱業集団公司は既に十分な調査を行い人材、資材及び資金を投じている。現在、F/S調査を終了し、関係機関に報告している。同プロジェクトの開発が承認されれば、同公司は直ぐに開発に着手する。また、Wen Min鉱業大臣は中国有色金属鉱業集団公司の事前調査を高く評価し、ミャンマー政府は同公司の円滑なプロジェクト開発を支援すると述べた。
 Da Gong山ニッケル鉱床は700,000t(金属量)のニッケルを含有している。中国有色金属鉱業集団公司は6億US$を投じ、大規模な鉱山開発を行う計画である。

ページトップへ