閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年12月5日 北京 土屋春明

中国とカナダの鉱業界、一層緊密に

 安泰科によれば、11月20日に中国とカナダの2国間協力に関する協定書の調印式が北京で開催された。調印式では、国家発展改革委員会、カナダ大使館及びカナダ天然資源省から中国-カナダの鉱物資源開発の協力強化が要請された。調印式には国家発展改革委員会張 国宝副主任、Luo Lan(羅 嵐)在中国カナダ大使、キャンベルB.C州知事及びゲイリーカナダ天然資源省大臣が出席した。
 調印式に参加した大部分のカナダ企業は、トロント証券取引所に上場され、鉱山開発に積極的に取り組んでいる企業である。中国からは中国有色金属鉱業集団公司、Minmetals及び中国アルミ集団公司といった海外資源開発に経験のある大手企業が参加した。調印式では、カナダ天然資源省、トロント証券取引所、B.C州、ユーコン州及びサスカチワン州からカナダにおける鉱業投資環境の詳細な紹介があった。また、カナダの鉱山企業からは開発可能性が高い16プロジェクトが提案された。

ページトップへ