閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年12月12日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・Spence銅鉱山、生産開始

 BHP Billitonは、同社が990百万US$を投資し開発した、Spence鉱山で12月6日から銅カソードの生産を開始したと発表した。2007年9月から本格操業に入り、SX/EW法により年間20万tの銅カソードを生産する見込みである。
 同鉱山の確定・推定鉱量は310百万tで銅品位1.14%(カットオフ品位0.30%)、マインライフは78百万tの表土を剥土するのに要する期間(約15か月)を加え19年である。

ページトップへ