閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年12月12日 シドニー 久保田博志

PNG・Porgera鉱山、2006年の金生産量は例年を下回る

 Barrick Gold社(カナダ資本)関係者は、12月5日、シドニー市内で開催されていた「PNG Mining and Petroleum Investment Conference」において、Porgera鉱山の2006年金生産量が530,000~550,000oz程度に留まり、過去10年間の平均700,000~750,000ozを下回る見込みであることを明らかにした。
 近年の豪雨の影響で露天採掘ピットの西側壁面の泥質岩が侵食されてピット内に崩れており、ステージ5地区での採掘が2004年末には停止していることが大きな原因となっている。壁面の崩壊はピーク時で40,000t/日にも及び、ピット内からの除去作業が必要となっていた。
 Barrick Gold社は、擁壁設置や斜面を緩やかにするなどの対策を講じて、2007年半ばにはステージ5地区での採掘を再開したいとしている。

ページトップへ