閉じる

ニュース・フラッシュ

2006年12月22日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・ロス・ベルデス鉱区の試験操業開始をカナダ・バージン社が2007年第3四半期に計画

 業界情報等によると、バージン社(Virgin Metals Inc.:本社トロント)クリス・デイビー(Chris Davie)CEOは、同社が2007年第3四半期にロス・ベルデス銅-モリブデン-タングステン鉱区の試験操業開始を計画している旨、発言した。同鉱区はメキシコ・ソノラ州Santa Ana町近傍に位置し、同社が権益の100%を保有している。同CEOによれば、試験操業を鉱石処理量200~300t/日の規模で開始し、2008年末までには操業規模を2,000~3,000t/日に拡大することを目指している。
 また、12月18日付け同社HPの発表によれば、同鉱区の資源量(カットオフ品位は銅換算で0.32%)は下表のとおりである。

カテゴリー
資源量(t)
Mo品位(%)
Cu品位(%)
W品位(%)
Mo含有量(t)
Cu含有量(t)
Measured
4,641,000
0.129
0.49
0.088
5,968
22,940
Indicated
5,861,000
0.120
0.43
0.083
7,022
24,910
上記計
10,502,000
0.124
0.46
0.085
12,990
47,850
Inferred
1,089,500
0.120
0.16
0.024
1,306
1,768
ページトップへ