閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2006年12月26日 ジャカルタ 池田 肇

インドネシア政府・産業界に銅製錬所の建設を期待

 地元紙等によれば12月7日、エネルギー鉱物資源省鉱物石炭地熱総局Dr.Simon Felix Sembiring総局長は、インドネシア国内に銅製錬所を建設する投資家に対し、Grasberg鉱山から出荷される金銀銅精鉱を同製錬所向けに供給することを保障する用意があることを明らかにした。また、銅製錬所が建設される場合、Freeport社に対し外国向け精鉱輸出を廃止するよう指導を行うことを明らかにした。また同氏は、銅製錬所の建設は、インドネシア企業が行うべきであり、政府は原料の手当てと市場を保障するとした。一方、Freeport社が製錬事業に参画することについては、利益がさらに米国企業に収奪されることになり好ましくないとの見解を明らかにしている。
 これに対しFreeport社の広報部Siddharta Moersjidは、同社は製錬事業に参画する意志はないとした上で、銅製錬所の新規新設が実現できれば輸送費を抑制でき、精鉱販売市場も確保できるとして賛辞を送っている。

Freeport社の国別精鉱輸出先
ページトップへ