閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年1月4日 リマ 西川信康

ペルー・エネルギー鉱山大臣、Michiquillayプロジェクト入札参加企業は15社

 業界紙等によると、バルディビアエネルギー鉱山大臣は、Michiquillay銅プロジェクトへの入札企業が12社から15社へ増えた旨を明らかにした。投資促進庁(PROINVERSION)のレネコルネホ長官は2006年10月末の時点で入札企業数は12社であると発表していた。
 バルデイビア大臣は、「Michiquillayプロジェクトの入札が行われる2月には、ペルーに新しい投資企業が参入することになるだろう」とし、複数の新規参入企業が同プロジェクトへの投資を検討していることを明らかにした。
 また、同大臣は、ペルーには、鉱業活動に対する地域住民の不信感が存在していることを認め、過去の鉱業活動が社会的対立問題を生み出したことに言及しつつ「問題を分析し一つ一つ解決を試みる」と改めて地域住民問題の解決に意欲を示した。

ページトップへ