閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2007年1月9日 ジャカルタ 池田 肇

ベトナム・タングステン開発に係り、Dragon Capital Management社がTiberon社(カナダ)を買収

 Tiberon社(カナダ)は2006年12月19日、ベトナム投資会社Dragon Capital Management社(以下DCM社)が株式公開買い付けにより、同社の発行株式(7,830万株)を取得する計画に合意したと発表した。DCMは、現在、Tiberon社の株式9,585,900株を所有しているが、残り株式を1株当たり3.65C$で公開買い付けする。公開買い付けには現株主の2/3を超える承認が必要であるが、Tiberon社Ian Gowrie-Smith会長は、Nui Phaoタングステン・蛍石鉱開発プロジェクトは、ベトナムにとって戦略的重要性を持つばかりではなく、中国以外の地において世界最大のタングステン鉱山が開発されることに重要な意味があるとし、DCM社の参入はベトナム政府に対するNui Phao鉱山開発のコミットメントであり、オフテーカーへの長期買鉱契約の履行を保証するものであると合併理由を述べている。
 株式の公開買い付け満了期間は2007年2月中旬を予定し、買い付け価格は10月17日の株式終値より53%高いプレミアムが付されている。Tiberon社とDCM社との仮合意契約には、第3者による買収プロポーザルを受け本契約が履行されない場合などに、Tiberon社はDCM社に1,000万US$の支払う義務を追う契約となっている。

ページトップへ