閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2007年1月9日 北京 土屋春明

中国政府、2007年1月1日より一部非鉄金属産品の輸出税を5-15%に引き上げ

 安泰科によれば、中国財政部は12月26日に、国務院の承認によりエネルギー多消費で環境汚染の原因となる資源製品の輸出を抑制するために2007年1月1日より一部非鉄金属産品の輸出税を5-15%引き上げると発表した。中国財政部は、既に2006年10月27日に「2006」30号通達を発布し、2006年11月1日より、一部非鉄金属製品の輸出税を10-15%引き上げている。
 今回新たに引き上げられる非鉄金属産品は、タングステンが0から5%、モリブデンが0から15%、クロムが0から15%及びインジウムが0から15%である。一方で、銅及び銅合金の加工品の輸出税は10から5%或いは0%に引き下げられた。
 輸入税においては、銅地金が2から0%、ニッケル地金が2から1%、銅スクラップが1.5から0%に引き下げられた。

ページトップへ