閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年1月9日 北京 土屋春明

中国・江西銅業公司、2006年の売上高300億元を超す

 安泰科によれば、江西銅業公司は2006年の売上高がはじめて300億元を超え、税引き前利益が90億元を上回り、同公司は江西省の企業及び中国の銅企業が今まで達成し得なかった利益を得たと報じている。更に、同公司の売上高・税込利益は江西省の大手100社のそれぞれ1/6、1/3に相当する。
 2006年に、江西銅業公司は銅地金443,000t、硫酸1,090,000t、金13t、銀353t及び銅加工製品260,000tを生産し、2001年の生産量と比較するとそれぞれ96%、32.9%、94%、206%及び153.7%増加した。また、同公司の2006年の売上高・税込利益は2001年と比較するとそれぞれ4倍及び20倍となった。
 江西銅業公司は技術改善により、銅地金の年間生産能力を2001年の226,000tから2006年には443,000tに増産した。更に、同公司は455百万元を投じ、康西銅業、山西刀泉銀銅鉱業を買収し、持続的な発展を確固たるものにした。また、リサイクル、スラグからの有価金属の回収及び溶錬工程における廃熱回収プロジェクトを積極的に推進している。

ページトップへ