閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年1月10日 リマ 西川信康

ペルー・エネルギー鉱山省、環境対策で米州開発銀行に2億$を申請

 業界紙等によると、バルディビアエネルギー鉱山大臣は、鉱業活動による環境被害の解決のため米州開発銀行に対して2億$の融資を要請することを発表した。
 具体的には、経済財務省が今後の融資プログラムに関して米州開発銀との会合を行った際、環境被害対策で2億$の融資を要請するよう同省へ申し入れを行ったものである。
 既にエネルギー鉱山省は、現在ペルーが抱える環境被害の対策を行うには8億$の資金が必要であるとして補正予算を申請し、その結果、1千万ソーレス(約312万$)を国立環境基金を通じて、カハマルカ県での環境被害対策に充てているが、今回の要請も環境対策に対する資金集めの一環であるといえる。

ページトップへ