閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2007年1月15日 シドニー 久保田博志

豪州・Prairie社、Prairie Downs亜鉛プロジェクトのFS開始

 Prairie Downs Metals Ltd.(本社パース、以下Prairie社)は、1月10日、同社のPrairie Downs亜鉛鉱床プロジェクト(西オーストラリア州)がFSを開始したと発表した。
 同プロジェクトのFS開始は、エンジニアリング会社のLycopodium Engineering Ltd.が実施し、3月始に完了予定で、経済的な開発に向けた意思決定を支持するものと期待されている。
 同プロジェクは、これまでの探鉱から資源量1.032百万t・亜鉛8.3%・鉛1.7%・銀22g/t(Zed Load)が確認されており、Prairie社は年間処理能力25万t、年間亜鉛生産量20,000t程度の小規模操業を開発の第1段階として計画している。
 Prairie社は、小規模操業のメリットとして、生産施設の各部分を海外で準備し、国内での作業を短期間に抑えることで、オーストラリアが現在直面している技能労働者不足や資材不足の問題を回避することができることを挙げている。

ページトップへ