閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年1月16日 北京 土屋春明

中国・銅陵有色金属集団公司、2006年銅地金生産量50万t突破

 安泰科によれば、中国有色ネットの情報として2006年、銅陵有色金属集団公司は、銅地金54.48万tを生産し、対前年同期比で22%増加した。国内の銅地金生産量が50万tを超えた企業は1社であり、2年連続銅地金生産量国内第1位を占めた。
 2006年の同公司の販売収入額は330億元で、対前年同期比で64%増加した。税引き前利益額は33億元で、対前年同期比で74%増加した。輸出入総額は22億$で、2005年により88%増加した。以上の各指標は同公司の史上最高記録を示すものである。
 2007年、銅陵有色金属集団公司は、銅地金生産量60万tを計画し、生産量は依然として国内第1位になると予想される。国内の大型銅鉱山である冬瓜山銅鉱山の建設はほぼ終了し、試運転段階に入り、2007年年内には生産を開始する予定である。
 銅陵有色金属集団公司は1952年に設立されて以来、国内大手銅生産企業となり、現在、年間銅地金生産量は国内総生産量の20%を占めている。また、循環型経済を推進する中国のモデル企業にもなった。なお、2006年は江西銅業集団公司、雲南銅業有限公司の銅地金生産量が、それぞれ44.3万t、38万tとなり、国内銅企業の中で第2、3位を占めている。

ページトップへ