閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年1月24日 バンクーバー 武富義和

メキシコ・Goldcorp社(カナダ)、メキシコ最大規模となる新規金鉱山の建設操業許可を取得

 バンクーバーベースのGoldcorp社は、メキシコ・サカテカス州のPenasquito鉱山、選鉱場の建設、操業に係る全ての許可を取得したと発表した。
 同社CEO兼社長のKevil McArthur氏は、予想より早い当局の建設操業許可に関して、偉大なマイルストーンであると謝意を表すとともに、2007年第2四半期から生産を開始するゲレロ州のLos Filos鉱山(金0.35百万oz/年を計画)とあわせ、同社のメキシコにおける鉱業部門Luisminにとって本年は重要な年であると述べている。また、同社にとって、Penasquito鉱山は、オンタリオ州のRed Lakeと並ぶ最大規模の資産であるとの見解を示した。
 Penasquito鉱山は、2008年中頃に酸化鉱のヒープリーチングによる金生産を開始し、2009年から粉砕機、浮遊選鉱機を使った選鉱を行い、2012年までには金0.5百万oz/年のフル生産を行う。現時点で、金9.98百万oz、銀575百万oz、亜鉛3.62百万tの埋蔵量を確認しており、2007年の第2四半期から探鉱を行い、埋蔵鉱量を増やしていく計画。
 Penasquito鉱床は2004年にWestern Silver社によって発見されたが、その後、企業買収の結果、Glamis社を経てGoldcorp社の所有となったものである。

ページトップへ