閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年1月24日 シドニー 久保田博志

オーストラリア証券投資委員会、Mining Projects Group社に対して法的措置

 オーストラリア証券投資委員会(Australian Securities and Investments Commission以下ASIC)は、1月23日、証券取引所(ASX)に対して虚偽の文書を作成していたとしてMining Projects Group Ltd.(本社メルボルン、以下Mining Project社)の会長及び社長に対して法的措置を行うことを明らかにした。
 問題となったのは、Nuie Islandプロジェクト(Olympic Damタイプのウラン・銅・金鉱床)関する2005年8月15日、19日のASXへの文書で、その文書が発表された直後に、両氏は、同社の株式を売却していた。ASICは、両氏がインサイダー取引及び誤った情報を流したと主張し、両氏に対して罰金の支払いと会社経者としての資格剥奪を求めメルボルンの連邦裁判所に法的措置の手続きを行った。

ページトップへ