閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年1月29日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・ドロレス金銀鉱山の開発は順調に進展

 マインファインダーズ社(Minefinders Corporation Ltd.本社バンクーバー)は、メキシコ・ドロレス(Dolores)金銀鉱山の開発が2007年第3四半期の生産開始に向けて計画どおりに進捗している旨、1月18日付け同社HPで発表した。同鉱山はチワワ州西シェラマドレ山中(チワワ市とエルモシージョ市を結ぶ国道沿い)に位置し、2007年8月から露天掘り及びヒープリーチングによって18,000t/日の鉱石処理を開始する予定である。
 また、浮選ミル設置に関するF/Sを2007年中に完了させる予定であることが併せて発表されている。この浮選ミルは操業開始から3年目に導入される予定で、開発中のオープンピットの下部に賦存する高品位鉱を処理するためのものである。
 なお、ドロレス鉱山の精測及び概測資源量(Measured and Indicated Resources)は118百万t(カットオフ品位は金換算で0.3g/t、平均金品位0.80g/t、平均銀品位39.1g/t)、金含有量は3.06百万oz(95.2t)、銀含有量は149百万oz(4,635t)と見積もられている。

ページトップへ