閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年1月30日 バンクーバー 武富義和

Lundin社(カナダ)CEO退任により、経営の中心をストックホルムへ

 Lundin社会長のLukas Lundin氏は、2007年3月末にCEOのBenner氏(前EuroZincの副会長兼CEO)が退任し、後任として、現社長のWaplan氏が就くことを発表した。これに併せ同社幹部は、操業鉱山が欧州に集中していることから、ストックホルムに集結する。なお、Benner氏は、Lundin社の副会長職に留まり、バンクーバーにおいてLundin社が世界的大手の鉱業会社に成長を遂げるため今後も会長を補佐する。
 また、Lundin社会長は、同社と同等もしくはそれ以上の会社を買収したいとしている。WinnipegのHudbay Minerals社(時価総額28億$)が候補に挙がっているが、同社は製錬所を保有していることから、Lundin会長の意向には沿わないとの意見もある。

ページトップへ