閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年1月30日 北京 土屋春明

中国・日本の合弁企業金隆銅業公司、2006年銅カソード生産量21万t

 安泰科によれば、銅陵有色金属集団傘下で日本の住友金属鉱山、住友商事との合弁企業の金隆銅業公司は、2006年の銅カソードの生産量と販売量が一致し、安定した経営実績を残した。2006年の銅カソードの生産量21.24万t、硫酸生産69.48万tで、それぞれ年間計画より2,400t及び2.75万t上回った。2006年の年間販売収入は130億元になった。また、銅カソード35万t/年改善工事は、計画通りに進捗している。
 金隆銅業公司は2007年の生産量の目標をそれぞれ銅カソード26.6万t、硫酸78.38万tとしている。

ページトップへ