閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年2月2日 メキシコ 小島和浩

サザン・カッパー社・2007年の銅生産量目標は70万t

 業界情報(1月29日付け)等によると、サザン・カッパー社(Southern Copper Corp.:SCC)エドゥアルド・ゴンサレス(Eduardo Gonzalez)CFOは、2006年にラ・カリダ及びカナネア鉱山で発生したストライキと同様な生産阻害が起こらないことを前提とした上、同社の2007年産銅量の目標が70万t(2006年実績60.6万t)であることを明らかにした。そのほか、両鉱山の生産見通し等に関する同CFOの発言の概要は以下のとおり。
 ラ・カリダ鉱山の生産量は生産能力の93%弱までしか回復しておらず、同鉱山の生産がフル操業に回復するのは、数週間後もしくは数か月後となろう。一方、カナネア鉱山の生産は間もなくフル操業まで回復する。2007年にSCC社は、カナネア鉱山の生産能力拡大(産銅量300,000t/年)、他鉱山の設備更新等のため5億US$を投資する予定である。

ページトップへ