閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年2月2日 シドニー 永井正博

Alumina社、2006年の利益過去最高

 Alumina Ltd.(本社メルボルン、以下Alumina社)は2006年の税引き後の純利益が511百万A$(対前年比62%増)と過去最高であったことを公表した。
 これは、AWAC社(Alcoa World Alumina & Chemical)JV(Alcoa社60%、Alumina社40%)の純利益がアルミナとアルミニウムの生産・販売数量の増加により、高かったことを反映している。AWAC社のアルミニウム生産は377千t(前年同)であったが、アルミナ生産は、過去最高の14.3百万t(対前年比4.4%増)に達している。
 また、Alumina社の経営陣は、2007年上半期に、自社株の買戻しを検討している。Alumina社がAWAC社から受け取った2006年の現金配当は521百万A$であった。AWAC社は、世界のアルミナとアルミニウムに対する需要が引き続き堅調であることから、2007年もアルミナ生産を増加させるポジションにある。2007年には、Pinjarraアルミナ精錬所の拡張工事完成と他のプロジェクトの前進することから、買戻しにコストがかかっても、長期的には、自社で保有した方が得策と判断しているものと見られる。

ページトップへ