閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年2月5日 ロンドン 高橋健一

ザンビア・2006年銅生産量51万t、前年比9%増加

 各社報道によれば、ザンビア鉱山・鉱物開発省の発表では、2006年の銅生産量は、速報値で前年比9%増加し、513千t(2005年468千t)となった。いくつかの鉱山において、増産となったことが増加の要因としている。増産となった主な鉱山は、First Quantum Minarals社のKansanshi鉱山が前年比60%増の127千t(2005年80千t)、Mopani鉱山が前年比6%増の141千t(2005年133千t)、Bwana Mkubwa鉱山が3%増の51千t(2005年49千t)であったとしている。ただし、当初の生産見込みであった600千tは下回る結果となり、この要因は、Konkola鉱山における硫酸流出事故等が影響したものであるとしている。併せて、2007年の生産量予測も発表され、600千tを超えるものと見られている。

ページトップへ