閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年2月6日 リマ 西川信康

ペルー・Michiquillay入札、4月30日に延期が正式決定

 2月6日、JOGMECリマ事務所が、投資促進庁の鉱業担当者に、Michiquillayの入札日程を聴取したところ、入札は2月28日から4月30日に延期することが決定したと述べた。入札までの日程は以下のとおり。
・最低入札価格の発表:2007年3月30日
・企業の事前登録申請:2007年4月16日まで
・入札日:2007年4月30日
 なお、プロジェクト現場視察については、まだ、確定していないものの、3月中には開始できるという見通しを示した。また、応札企業は2社増え、17社になったことを明らかにした。
 エネルギー鉱山大臣に、同様の質問をしたところ、本日(2月6日)、経済・財務省の委員会が開催され、Michiquillayの入札日が4月30日に延期されることが決定したと述べた。同大臣によると、4年前に、現地キャンプ地が、何者かに占領されたが、2週間後に当局の治安部隊が占拠グループを排除し、その後の調査の結果、キャンプ地は麻薬原料の倉庫として使用されていることが判明したという。今回の占拠グループの一掃により、現地の治安問題は解決され、近日中に現地視察が開始されることになるとともに、入札日程が約2か月延期されたことで、新たな応札企業を期待したい旨表明した。

ページトップへ