閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年2月6日 バンクーバー 武富義和

Mantle社によるEcstall社買収、合意される

 TSX-V上場のMantle社(バンクーバーベース)は、2006年12月、Ecstall社を敵対的買収するとしていたが、2007年1月29日、同社とEcstall社との株式交換率を変更することで買収に合意したと発表した。
 株式交換率は、同社1に対し、当初の0.40から0.41に上げることになる。入札の期限は2月9日となっており、主力のAkie亜鉛・鉛プロジェクト以外の金探鉱案件については、Ecstall社のCEOであるChris Graf氏により別会社に引き継がれることとなる。
 Akie亜鉛・鉛鉱床は、カナダBC州Mackenzieから北西280㎞に位置し、厚さ20m、走向長1,400m、傾斜長600mにわたっており、推定埋蔵量12百万t、亜鉛品位8.5%、鉛品位1.5%、といわれている。
 鉛・亜鉛鉱山を手がけるLundin社は、2006年11月、2.874百万C$相当私募債購入でMantle社の権益約10%を取得することに合意している。

ページトップへ