閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年2月6日 リマ 西川信康

中国・紫金鉱業、ペルー・Rio Blanco銅鉱山を所有するMonterrico Metals社に買収提案

 中国のZijin Consortiumは、ロンドン証券市場AIMで取引されるMonterrico Metals社の全株式を1億8,100万$で買い取る提案を行った。Zijin Consortiumは中国最大の産金企業であるZijin(紫金鉱業)や、銅精錬を行うTongling(銅陵有色金属公司)、複合投資企業のXiamen C&Dらによって構成される企業連合である。
 Monterrico Metals社のRay Angus社長は、Zijin Consortiumと株式取得の条件に関する交渉を行ったことを明らかにし、中国企業が取得できるのは最大でも全株式の70%までで、30%はAIMにおいて自由な取引の対象にする方針だと述べている。
 一方、Monterrico Metals社がペルーで保有するRio Blanco銅プロジェクトの第1期FSが完了し、開発には少なくとも14億$の投資が必要になることを発表した。本鉱山の産銅量は年間19.1万t、操業コストは0.41US$/lbで4年以内に資金回収が可能であるとしている。

ページトップへ