閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年2月7日 リマ 西川信康

エクアドル・経団連会長、El Mirador Project問題解決のための請願書を大統領に提出

 地元業界紙等によると、エクアドルの経団連Patricio Donoso会長は、Correa大統領に請願書を送り、2月7日これを公表した。内容は、11月12日政府代表としてJosé Serrano労働大臣が行った措置、“Ecua Corrienteに対する鉱業活動の一時中止命令”は、明らかな法令違反で、かつ、鉱業界に大損害をもたらし、近代鉱業がエクアドルに提供する発展と労働の機会を遅らせるものであり、エクアドル国民が鉱物資源の恩恵を享受するために適切な行動をとることを要求するというもの。これは、2006年発生した地元住民による反鉱山開発運動により政府側から、これ以上の混乱を避けるために開発工事の一時中止命令を行っていたことに伴うもの。

ページトップへ