閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年2月8日 シドニー 久保田博志

豪州・St Barbara社、Gwalia金鉱山深部開発

 St Barbara Limited(本社メルボルン、以下St Barbara社)は2月7日、Gwalia金鉱山(西オーストラリア州Leonora)の深部を開発すると発表した。
 Gwalia金鉱山の埋蔵量(Probable Reserve)は、4.8百万t・金品位9.1g/t・金純分量1.4百万oz、現金コストは395A$/oz。St Barbara社は、年間金生産量を2008/2009年には10万oz、2009/2010年には20万ozにする予定。
 現在、埋蔵量拡大のために、採掘深度1,100~1,600mの更に下部の1,800m付近の探鉱を実施している。2007年6月末四半期までには埋蔵量の見直しを完了させ、2008年3月末四半期には生産を開始したいとのことである。

ページトップへ