閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル レアメタル ニッケル
2007年2月12日 ロンドン 高橋健一

ボツワナ・Selkirkニッケル・銅鉱床、プレFSでニッケル年産量2万tと試算

 LionOre Mining International社(カナダ)は、2月5日、ボツワナSelkirkニッケル・銅鉱床のプレFS結果を発表し、その結果、ニッケル年産量2万t及び同規模の銅を、期間13年にわたり採掘可能とした。同鉱床は、LionOre社が85%の権益を所有するTati Nickel Mining社(残りの15%はボツワナ政府所有)が操業するPhoenixニッケル鉱山の南14kmに位置する低品位硫化鉱床で、今回発表された埋蔵資源量は230,586千t(カットオフ品位ニッケル0.1%)、金属含有量はニッケル548,795t、銅488,842tとなっている。今後は、2007年第3四半期完了を予定としたバンカブルFSが計画されている。

ページトップへ