閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年2月13日 ジャカルタ 池田 肇

ベトナム・Olympus社、Phuoc Son鉱区の金探鉱結果を公表

 Olympus Pacific Mineral社は2月9日、ベトナムのPhuoc Son探鉱区North鉱床地域で実施中のボーリング調査結果(5本:DSDH205~209)を公表し、DSDH209孔で8.1m間(深度289.54~297.55m)、金品位6.94g/tを捕捉したことを明らかにした。各孔ともに金の鉱化を確認しており、これまでの探鉱成果から鉱床の拡がりは11万5,000m2に及ぶと見込まれている。探鉱部長Roger Dahn氏は、新たにDSDH210孔をDSDH209孔の北300mで実施し鉱床の連続性を把握するとしており、Phuoc Son鉱床のポテンシャルを増加させたいと述べている。Phuoc Son鉱区の鉱業権は2006年1月25日に取得し、現在、ボーリング調査により埋蔵量の評価が進められている。

ページトップへ