閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2007年2月19日 シドニー 永井正博

豪州・Queensland Ores社のWolfram Campタングステン・モリブデンプロジェクトの資源量増加

 Queensland Ores Ltd.(本社ブリスベン、以下Queensland Ores社)は、クイーンズランド州Wolfram CampプロジェクトのJORC規程による資源量が45%増加したことを発表した。
 Wolfram Camp鉱床は、ケアンズの90km西に位置するタングステン・モリブデン鉱床で資源量は 、過去の報告より270,500t増加し、876,000t、タングステン品位0.42%(WO3)、モリブデン0.17%(MoS2)。Queensland Ores社のCEO、Taff Greenwood 氏は、大きな資源量を生かした採掘計画が間もなく出来上がると述べ、現在の資源量は、走向方向3km鉱化帯のうち700mに限定しており、更なる資源量増加の可能性があること、Wolfram Campプロジェクトの鉱山寿命は当初計画の4年を超えることになると説明した。本プロジェクトは、2007年の第3四半期から生産が期待されている。

ページトップへ