閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2007年2月20日 ジャカルタ 池田 肇

フィリピン・Chemical Vapor Metal Refinery社(加)、Nonocニッケル鉱山再開発に意欲

 地元紙等によれば2月19日、加Chemical Vapor Metal Refinery社は(以下CVMR社)Nonoc島のニッケル鉱山再開発に関し、自社が10%の権益を保有する中国Jilin Nickelグループとの共同開発の可能性を検討していることを明らかにした。ニッケル製錬施設の生産規模は年産6万tを予定。BHP Billiton社によれば、西豪州のRavensthorpeニッケル製錬施設は年産5万tで投資額22億US$を見込んでいることからCVMR社が準備する30億$でプロジェクトは推進できると見ているが、Jilin Nickelグループ幹部はプロジェクトの規模が自社のキャパシティーを超えるため、Benquet社、Comet Mining社など他者の参加も呼び込みたいとしている。

ページトップへ