閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年3月5日 シドニー 永井正博

豪州・Gateway社、西オーストラリア州Gidgeeで銅の鉱化作用捕捉

 Gateway Mining社(本社シドニー、以下Gateway社)は、西オーストラリア州 Gidgee、The Cupプロジェクトで銅の鉱化作用を発見したことを公表した。着鉱状況は2本のボーリングで幅30m、銅品位1%、幅15m、銅品位0.23%である。
 Gateway社は、既存の鉱化作用にそって北から南へのボーリングプログラムが必要だと考えている。
 一方、GidgeeのVictory Creekプロジェクトでは、Barrick Gold社が金を対象として物理探査アノマリーへの500m・2本のボーリングを行ったが失敗したことによって、ファームインJVから引き上げることとなった。

ページトップへ