閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年3月8日 リマ 西川信康

ペルー・Milpo社と地域住民との対立問題が賠償金160万ソーレスで決着

 業界紙等によると、3月に入り3日間にわたったCerro De Pasco郡San Juan De Milpoコミュニティでのペルー亜鉛大手のMilpo社に対する抗議行動は、Milpo社がコミュニティの所有地内での採掘活動に対する賠償金として160万ソーレス(約50万US$)を支払うことで決着した。
 地元住民らは、同社が50年にわたる操業によって、年々増大する選鉱場周辺の農地数百haに打撃を与えたことに対して賠償を求めていた。さらに、住民らがCerro De Pascoと鉱山をつなぐアクセス道を封鎖したため、警官隊との衝突が起こり、複数の負傷者が出たほか、警察によって逮捕された住民3名が、住民らによって拘束された警官1名と引き換えに釈放されるという事件も起こった。
 3月7日、Milpo社の鉱山で行われた会議には同社のフランシスコ・イスモデス代表、San Juan De Milpoコミュニティのエリアス・カベジョ代表のほか、中央政府並びに地方政府の代表者が出席し、数時間に及ぶ協議の結果、賠償金160万ソーレスについての決定が下され、併せて、Milpo社は、コミュニティに対して電化などの地域発展事業や雇用促進、鉱山内で働く住民に対する昇給などもコミットした。

ページトップへ