閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年3月19日 ロンドン 高橋健一  2007. 3. 20 バンクーバー 武富義和

ロシア・Tenex社とカナダ・Cameco社がウラン探鉱・開発分野での協力契約締結

報道各社によれば、カナダのCameco社と、ロシアの濃縮ウラン等核燃料サイクル製品の輸出を行う国営企業であるTechsnabexport(Tenex社)は両社のカナダ及びロシアでのウラン探鉱に係る覚え書きに合意した。合意された基本方針は、ロシア、カナダで行う共同探査、ウラン鉱床が見つかった際の開発等の項目並びに法律、組織、技術、財務、JV形成分野に亘る広範囲なもので、今後最終的な合意がなされた時点でプロジェクトのJV化に関する優先順位なども決定される。当初の予定は、両社ともに50%を出資し、カナダ、ロシアに各1件のJVプロジェクトを立ち上げる計画があるとしている。 また、Cameco社とTenex社は多年にわたり一緒に仕事をしてきており、最近では、ロシアの解体核からのウラン抽出に係る覚え書きを結んでいる。

ページトップへ