閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年3月20日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・Escondida鉱山、鉱石運搬坑道に1億US$の投資を検討

 地元紙等によると、チリ・Escondida鉱山は鉱石の輸送コストを削減するため1億US$投資し、オープンピット最下部と選鉱場のある地表レベルを繋ぐ運搬坑道を建設する計画を検討している。報道では、本プロジェクトは現在企画段階であるが、2007年末には建設を開始する可能性があるとしている。
 しかしながら、2006年Chuquicamata鉱山の運搬坑道において落盤事故が発生したことから、本プロジェクトについては、慎重な検討が行なわれるものと考えられる。

ページトップへ