閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年3月20日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・エル・チャナテ金鉱山が間もなく操業開始

 キャピタル社(Capital Gold Corp. 本社ニューヨーク)は、メキシコ・ソノラ州のエル・チャナテ金鉱山の操業開始を3月第3週に予定している旨、3月13日付け同社HPに発表した。同社が100%権益を保有する同鉱山は、ソノラ州北部カボルカ(Caborca)市近郊に位置し、埋蔵金量489,900oz(約15t)を有する。
 同HPの発表によると、破砕した鉱石のリーチパッドへの積込みが3月第3週に開始され、数週間後には青化法の操業が開始される予定である。青化法の操業を開始した後45~75日で、ADRプラントでの最初の金生産(シアン溶液からの金回収)が行われる見込みである。

ページトップへ