閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル タングステン
2007年3月20日 北京 土屋春明

中国・2006年タングステンの生産能力及び生産状況

 安泰科によれば、2006年APTの生産能力は16万t以上に達した。14省54企業の統計によると、APTの生産能力は16.38万tで、2005年の13.11万t(48社企業の統計データ)と比べ24.9%の3.27万tを増加した。APT生産企業は江西省、湖南省2省に集中し、2省の生産能力は12万tで総生産能力の73.3%を占めている。江西省州市だけでAPTの生産能力は既に7.8万tに達し、国内APT総生産能力の47.8%、半分近くを占めている。
  2006年タングステン粉末の生産能力は6.06万t(72社企業の統計データによる)で2005年の5.36万t(69社企業の統計データによる)と比べ13.1%増の0.7万t増加した。タングステン粉末の生産企業も江西省、湖南省2省に集中し、2省の生産能力は2.80万tで総生産能力の46.2%を占めている。州地域のタングステン生産能力は既に1.8万tに達成し、国内タングステン粉末年間総生産能力の29.7%を占めいている。
 2006年APTの生産量は約5.63万tで、2005年の5.18万tに比べ8.7%、0.45万t増加した。
2006年タングステン粉末の生産量は2.42万tで、2005年の2.06万tに比べ17.5%、0.36万tを増加した。

ページトップへ