閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年3月27日 リマ 西川信康

ペルー・Buenaventura、2007年の金生産量は10%上昇

 業界紙等によると、ペルーの非鉄大手Buenaventura社は、同社の2007年の金生産は5%~10%の増産、銀生産は2006年と同レベルとなる見通しを発表した。同社の2006年の金生産は40万5,383oz、銀生産は1,550万ozだった。
 同社ベナビデス社長によれば、金生産については、Orcopampa鉱山の増産やPracota鉱山の生産が加わることで、少なくとも5%~10%の増産が見込まれるとしている。
 銀生産に関して、ベナビデス社長はUchucchacua銀山の今年の生産量が1,000万ozを越える見通しであり、全体的には2006年とほぼ同レベルの生産量を維持するとの見方を示した。
 一方、Buenaventura社の2007年の探鉱投資額は2,500万~3,000万US$を予定しており、2006年の3,800万US$から減少するものの、同社はアルゼンチン、メキシコ、ブラジルなどペルー国外における投資機会を模索中であるとした。
 金、銀の2007年の価格見通しについて、同社長は、金平均価格は600US$/oz、銀は12~15US$/ozと予想している。

ページトップへ