閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2007年4月3日 北京 土屋春明

中国・非鉄金属生産量5年連続世界第1位

 安泰科によれば、2006年中国の非鉄金属総生産量は1,917.01万tで2005年と比べ17.48%増加し、5年連続世界第1位になったと3月23日に開催された「中国有色金属工業協会第2期理事会第2次会議」で公表された。
 中国有色金属工業協会の康義会長によると、2006年の非鉄金属の生産量は史上最高記録となった。その内訳は銅299.89万t、電解アルミ934.90万t、鉛273.55万t、亜鉛315.30万t、ニッケル10.77万t、錫13.81万t、アンチモン15.01万t、マグネシウム52.42万t、チタン1.33万tである。ニッケル以外の8種非鉄金属の生産量は世界第1位に占めている。2006年の中国非鉄金属工業界の利益は、一定規模以上の非鉄金属工業企業の税込み利益額が1,630.7億元で前年と比べ87.47%増加し、又、税引き後利益額が1,100.3億元で前年と比べ倍増した。
 又、同会長によると2007年の中国非鉄金属工業は原料供給も安定し、市場価格も高水準を保ち、消費量も増加することから引き続き成長するものと予想される。しかしながら、産業構造の調整による産業の集約化、省エネルギー、環境保護を目的とした国家のマクロコントロール政策が厳しくなる可能性があり、業界としても試練の年となる。

ページトップへ