閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年4月5日 シドニー 永井正博

豪州・Sinosteel社(中国)、外国投資調査委員会より、PerinNini社とのウランJVプロジェクトの承認

 外国投資調査委員会(Foreign Investment Review Board:FIRB)は、中国のSinosteel社が、南オーストラリア州Crocker Well、Mt Victoria両ウラン鉱床の60%の権益取得のため、PepinNini Minerals Ltd.(本社シドニー、以下PepinNini社)に対する36.5百万A$の投資を承認した。
 PepinNini社は、160百万A$を投資するこのウラン鉱床は、オーストラリアで5番目のウラン鉱山となると述べた。

ページトップへ