閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年4月9日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・フィロス金プロジェクトのアクセス路封鎖を解除

 ゴールドコープ社(Goldcorp Inc. 本社バンクーバー)は、メキシコ・ゲレロ州のフィロス(Los Filos)金プロジェクトへの主要アクセス路の封鎖が解除され、同プロジェクトの建設工事が再開された旨、4月4日付け同社HPに発表した。同プロジェクトへのアクセス路は、既に合意済の土地売買・賃借契約の再交渉を要求していたエヒード(村落共有地)所有者によって断続的に封鎖されていた。
 また、業界情報(4月3日付け)等は、フィロス金プロジェクトを運営するルイスミン社(Luismin:ゴールドコープ社の子会社)が、アクセス路の封鎖を解除するため、エヒード所有者との間で土地賃借料として1ha当り13,500ペソ、総額1.19百万US$を支払うほか、社会事業を実施することに合意したと報じている。同報道によると、ルイスミン社が行う社会事業は道路建設、飲料水タンクの設置及び医療センターの再生であり、土地賃借料を含めたエヒード所有者への支出は年間3百万US$に達する。ルイスミン社のガルシア(Salvador García Ledezma)CEOは、アクセス路封鎖による建設工事遅延の影響で本年の金生産量が当初計画から100,000oz(3.1t)減少するとの見通しを示している。

ページトップへ