閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年4月9日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・カスティージョ金プロジェクトの建設工事・操業を認可

 モーゲン社(Morgain Minerals Inc. 本社バンクーバー)は、同社が保有するメキシコ・ドゥランゴ州のカスティージョ(El Castillo)金プロジェクトの建設工事及び操業が正式に認可された旨、3月30日付け同社HPに発表した。同HPの発表によると、メキシコ環境・天然資源省(Semarnat:Secretaría de Medioambiente y Recursos Naturales)は、モーゲン社が先に提出していた同プロジェクトの環境影響評価報告書、操業計画及び土地利用変更計画書を承認した。同社は既に火薬使用許可を取得しており、長期に亘る土地使用契約も締結済みである。まもなく開始される建設工事は5か月で完工する予定であり、金生産の開始時期は2007年第3四半期と見込んでいる。
 カスティージョ金プロジェクトは、ドゥランゴ市北方約100kmに位置する酸化鉱床である。2006年10月のゲーモン社の発表によると、同鉱床は17.7百万tの鉱量(平均金品位0.88g/t、含金量499,567oz(15.5t))を有し、12年の操業期間で合計350,000ozの金を生産する予定である。

ページトップへ