閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年4月11日 バンクーバー 武富義和

カナダ・CVRD-Inco社のサドベリー鉱山、スト終結

 地元紙等によれば、CVRD-Inco社の330名の事務、技術系労働者は、次期労働協約の改訂に関連して、月曜日の未明、2日間にわたるストを解除した。
 同労働者は、先週月曜日の投票結果、87.4%の多数により、今後3か年の労働協約を了承した。改訂された内容は、各年毎の2.75%、2.5%、2.25%の最低賃金上昇率を含んでおり、また、2007年第1四半期の利益の全職員への配分も要求している。
 今回の労働協約改訂に当たり、労働者側は、旧Inco時代のサインボーナスを含む過去の契約を反映する方法を検討していた模様。

ページトップへ