閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
亜鉛 ベースメタル
2007年4月16日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・ボリバル亜鉛-銅プロジェクトの試験操業結果

 ディア・ブラス社(Dia Bras Exploration Inc. 本社モントリオール)は、メキシコ・チワワ州のボリバル(Bolivar)亜鉛-銅プロジェクトの2007年第1四半期試験操業結果を4月13日付け同社HPに発表した。同HPの発表によると、2007年3月の月間鉱石処理量は2005年2月の試験操業開始以来最高の12,236tに達し、同年第1四半期の合計鉱石処理量は30,014tであった。また、処理鉱石の平均品位は亜鉛6.77%、銅1.34%であり、亜鉛精鉱2,987t、銅精鉱1,172tが生産された。また、同四半期の操業コスト(operating cash cost)は3.8百万US$、生産された精鉱の価値は5.2百万US$と見込まれている。
 また、業界情報(4月13日付け)は、ボリバルプロジェクトのスコーピングスタディは間もなく完了する予定であり、その後6か月程度のFS期間を経て、2007年終盤には商業生産に向けた建設工事が開始される可能性があると報じている。

ページトップへ