閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年4月19日 シドニー 永井正博

豪州・Hillgrove社、南オーストラリア州Kanmantoo銅・金プロジェクト、開発開始

 Hillgrove Resources Ltd.(本社シドニー、以下Hillgrove社)の役員会は、Kanmantoo 銅・金プロジェクトの最終承認に先立ち鉱石処理設備の購入を承認した。同プロジェクトは、採掘リースの法的承認手続き中である。
 Kanmantooプロジェクトは、アデレードの55km南西に位置し、予測・概則資源量で銅金属量262,000t、金量で177,200oz有している。2百万t/年の露天掘り採掘で、銅金属量19,000t/年、金量6,000oz/年生産する予定である。Hillgrove社は、Kanmantooプロジェクトの最終的なFSを進めており、2007年第3四半期に完成させる予定。
 また、Hillgrove社は、南オーストラリア州の最も豊かな銅鉱床地帯に4百万A$投資することも公表した。Moonta-Wallaroo地域のAlfordのJVプロジェクトで2本ボーリングが開始された。同プロジェクトは、現在、Argonaut Resources NL社(本社シドニー、以下Argonaut社)が権益80%を所有しているが、Hillgrove社が2010年までに探鉱活動に4百万A$投資することにより、30%に減少する見込みである。
 以前のボーリングで、幅76m、銅品位0.95%の幅広い銅鉱化帯を発見している。Alfordプロジェクトは、Olympic Dam鉱山、Prominent Hill鉱山のようなIOCG鉱床と見られており、また、過去のボーリングで290ppmのウラン(U3O8)が見つかっており、ウラン鉱床賦存の可能性もある。

ページトップへ