閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年4月24日 北京 土屋春明

江西銅業集団公司、2007年第1四半期販売額対前年同期比57%増

 安泰科によれば、江西銅業集団公司の2007年1月から3月の販売額は85億元で、対前年同期比57%増で、史上最高レベルに達した。同公司の2007年第1四半期の生産量は銅カソード11.38万t、硫酸28.96万t、金3.35t、銀103tで前年同期と比べ大幅に増加している。江西銅業集団傘下の徳興銅鉱山は生産計画を達成した。城門山銅鉱山は1月に選鉱場の技術改善を行った後3月の精鉱品位は23.64%に達し、史上最高記録となった。なお、2006年、江西銅業集団公司の銅カソード生産量は44.3万t、硫酸109万t、金13t、銀353t、販売額300億元超、税込利益90億元以上を記録している。
 江西銅業集団公司は、国内最大の銅カソード、随伴共生金、銀の生産企業で、国内最大の露天掘り徳興銅鉱山を所有している。また、国内最大規模で最新のフラッシュスメルティング技術を取り入れている貴渓銅製錬所を所有している。傘下の江西銅業株式有限公司は香港、ロンドン、上海三つの証券場に上場している。

ページトップへ