閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年5月7日 メキシコ 小島和浩

メキシコ・ジュビア・デ・オロ/ラ・ホホバ金プロジェクトのプレFS結果

 コロンビア・メタルズ社(Columbia Metals Corporation Ltd. 本社トロント)は、同社がメキシコ・ソノラ州に保有するジュビア・デ・オロ(Lluvia de Oro)金山(休山中)及びラ・ホホバ(La Jojoba)金プロジェクトのプレFS結果の概要を4月23日付け同社HPに発表した。発表の概要は以下のとおり。
 DENM Engineering社が行ったプレFSは、金価格が550US$/oz以上であれば、両プロジェクトとも経済的・技術的に成立するとの結論を得た。同プレFSは三段階にわたる5か年の生産計画を立てている。第1段階ではジュビア・デ・オロ金山の既存破砕設備及びリーチパッドの再稼動を行い(2007年5月再開し、最初の金生産は10月になる見込み)、第2段階では同鉱山の採掘を再開し、第3段階でラ・ホホバプロジェクトの北東区域の採掘及びリーチング処理を開始するというものである。この生産計画による平均キャッシュコストは436US$/oz、産金量は1年目が35,100oz(1,090kg)、2年目が40,500oz(1,260kg)、3~5年目が43,600oz(1,360kg)と見込んでいる。

ページトップへ