閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年5月7日 ジャカルタ 池田 肇

ラオス・PhuBia金鉱山、2007年第1四半期生産量は10,510oz

 Pan Australian Resources社は4月19日、ラオスPhuBia金鉱山の第1四半期の生産量は前年同期比11%増の10,510ozになったことを明らかにした。金の営業コスト(Cash Operating Cost)は399US$/ozで、販売価格は655US$/ozを実現した。販売量は前年同期比28%増の11,146ozを計上した。Phu Bia金鉱山は、2006年第1四半期から生産を開始し、これまで販売した金量は累計で3万4,192ozとなっている。
 同社はラオス国内で2008年半ばの生産開始を目指しPhu Kham銅金鉱開発を行っている。投資総額は2億4,100万US$。選鉱場の建設は、2007年9月の完了を目指している。2007年1月1日、CAT777Dトラック8台、O&K RH40イクスカベーター2台が現場に搬送され掘削作業の準備が進められている。

ページトップへ