閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
鉄鉱石
2007年5月8日 サンティアゴ 中山 健

CVRD・2007年第1四半期売上げ非鉄金属分野が鉄鉱分野を抜く

 CVRDは5月3日2007年第1四半期の生産および財務実績を発表した。今期の売上げは前年同期比63.4%増の76.8億US$、純利益は前年同期比86.9%増の22.2億US$を記録した。非鉄金属分野の売上げが34.3億US$で44.6%を占め、鉄鉱分野の41.8%を初めて上回った。この原因はニッケル価格の高騰と鉄鉱石とペレットの新価格が反映されてないためである。ちなみにニッケルの売上げは28.6億US$、銅は364百万US$でCVRD Incoの売上げが大きく貢献した。またアルミニウム分野が8.5%、ロジスティクス分野が4.3%を占めた。
 国別の売上げは、中国が16.1%でトップ、以下ブラジル14.8%、日本11.5%、アメリカ9.9%と続く。
 コモディティー別生産量は、鉄鉱石65,645千t(うちCarajas鉱山21,568千t)、マンガン鉱石410千t、ニッケル61.4千t、銅77.4千t(うちCarajas Sossego鉱山30千t)、ボーキサイト1,731千t、コバルト579t、カリ155千t、カオリン292千tであった。

ページトップへ