閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2007年5月8日 バンクーバー 宮武修一

Barrick Gold社、金先物売りを止めスポット価格での売却に転換

 5月2日に発表された産金首位Barrick社の第1四半期報告によれば、同社はこれまでの金先物売りを止め、今後生産する金の全量をスポット価格により売却するよう改めた。同社は全ての先物販売契約(Corporate Gold Sales Contract)を破棄するため5億5,500万US$を既に費やし、これにより2007年第1四半期は1億5,900万C$の損失を計上した。なお2006年同期は2億2,400万C$の利益を計上していた。
 Barrick社は過去5年にわたる価格上昇の恩恵を十分得ていないとし、2006年11月にPeter Munk会長は、今後10年以内に全てのヘッジ売りを終了させると発言しており、これが前倒しされて実行されたことになる。

ページトップへ