閉じる

ニュース・フラッシュ

2007年5月9日 ロンドン 及川 洋

DRCコンゴ:カタンガ州での電力供給が復旧

 DRCコンゴの銅・コバルト産地カタンガ州では、鉱業の中心地であるKolwezi付近で送電線1,800mが盗まれたため、州政府は先月26日以降、鉱山会社に対して通常の40%水準までの電力使用制限を課しており、同州の多くの銅山では、坑内採掘や選鉱場の停止を余儀なくされていた。
 また、DRCコンゴは、隣国のザンビアに最大200MWの電力を輸出しているが、これも停止されていた。
 州当局によれば、送電線の復旧作業は8日に完了し、鉱山会社に対する電力使用制限は解除されたとのことである。
 なお、カタンガ州では、First Quantum社、Metorex社、Katanga Mining社、Gecamines社などが鉱業生産を行っている。

ページトップへ